2005年04月29日

起きたらお昼でした

 . . .... ..: : :: :: ::: :::::: :::::::::::: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        Λ_Λ . . . .: : : ::: : :: ::::::::: :::::::::::::::::::::::::::::
       /:彡ミ゛ヽ;>ー、 . . .: : : :::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i . .:: :.: ::: . :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/;;:   ヽ ヽ ::l . :. :. .:: : :: :: :::::::: : ::::::::::::::::::
 ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ ̄
posted by わーなー at 17:35| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月27日

カメラと一緒にミラノでお散歩*

32KN001043.JPG


イタリアの一般人は日本人のようにブランド物を好んで買わない。

ブランド物を買うのはイタリア人の中でも本当の金持ちで、一般市民はそんな高いものに(無駄に)金を使わない。

ブランド物を買うような金持ちは一般市民のように地下鉄なんて乗らないし、バスも乗らない。街中へは専用の車で行くのだ。住む世界が違う。

だから日本人旅行者がイタリアまで来てブランド物を競って(?)求めるのはとても奇妙に映るだろう。

もともと僕もブランド物ばかり好んで身に着ける人は好きじゃあなかったが、この事を聞いて余計に好きじゃあなくなった。このイエローモンキーがぁ…(自分もだけど^^;)


前にも書いたけど、イタリアのトイレは有料で、公衆トイレもない。街中でトイレに行きたくなっても、外にあるトイレ自体少ない。

そんな時はBarに入る。Bar(バール)はイタリアにはたくさんある。5軒に1軒はバールだ。3軒に1軒はピッツェリア。

バールってもコーヒーとかも飲める、というか昼間は喫茶店みたい。
イタリア人はコーヒーが好きで、とてもこだわりがあるらしい。いろんな飲み方の種類があって、砂糖をいっぱいいれる。ブラックで飲まない(確か)
紅茶はぜんぜん飲まない。

バールは立ち飲みと席飲みがあって、立ち飲みはすごく安い。席に座ると、別料金(コペルト)が発生して、高くなる。


リストランテなどの会計には、チップも払うのが常識。食事代の10%を払うと言われているが、それは払いすぎらしい。5%ぐらいでいいらしい。もしくは、切りがいい値段で。

ホテルを出るときも、ベッドメイキングの人のために枕もとに小銭を置いとく。枕ゼニーっていってた。


バスや地下鉄は1ユーロで90分乗り放題。ただしいつ乗ったかわかるように改札口の前の刻印する機械でチケットを刻印しなければならない。

改札口は誰も何もチェックしてないから刻印しなくても余裕で乗れるが、たまに私服の怖そうな人が車内でチケットをチェックするらしく、もし刻印がしてなかったら罰金100ユーロぐらいとられるらしい。たけぇ
僕が勝手に思ったのは、ちまちま乗客みんなから1ユーロづつ取るより改札でチェックしないでズルするやつをわざと出してそれを見つけて一気にお金を取ってるようだ。


物売りが多い。路上で絵とかアクセサリーとか売ってる。観光客は気をつけなきゃあぼったくられる。物売りには有色人種が多い。黒人とか、東南アジア系とか、中国系とか。
イタリア社会全体で人種による差別があって有色人種はそういう職業しかないのかなぁとか思った。

ジプシーって物乞いも多い。空き缶とか前に出して路上に座ってる。お金もらってる。日本のホームレスに比べてずいぶんとアグレッシブだ。

33KN001042.JPG

このblogに何かを感じたらクリックして下さい
posted by わーなー at 02:46| Comment(2) | TrackBack(0) | GIOGIO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月24日

結果

プライドグランプリ地上波で見ました。おっくんありがとう。

16人のうち勝ちあがったのは

中村
アローナ
ボブチャンチン
アリスター
ホジェリオ
桜庭
ショーグン
シウバ


中村、ショーグンが勝ったのは予想が外れました。

中村の試合は膠着ばっかでつまらなかった。
今回の第一試合だったので、中村は試合前に、『会場のお客さんを第一試合から盛り上げる、自分の役目はわかっている』とかなんとかいったわりには会場冷え切っていました。試合終了のゴング鳴ったら会場のお客さんのブーイングテレビにまで聞こえてたし。そりゃそうだ。下になったらがっちり腕組んで、ひたすらブレイクまってたし。密着してて攻められなかったけど、攻めもしなかった。そりゃイエローもらうわ。解説、実況の中村フォローが必死すぎ。『中村選手成長しましたねー。あのランデルマンになにもさせない(自分もなにもしない)』
ランデルマンの動きも超悪かったし。金もらってたのか?カットされた1Rが気になる。
というかこんなつまらない試合流さないでダイジェスト版にされてカットされたアローナとかアリスターの試合流してよ。

ショーグン強かった。ジャクソン何もできずボコボコ。膝蹴りでアバラ折られたらそりゃ戦意喪失するよ。もうちょっとジャクソンにも頑張って欲しかったけど…。

あと桜庭秒殺でした。韓国人大口たたいてた割にはボコボコの秒殺。試合後のインタビューで言い訳しそう。『ジャッジがとめるのが早すぎた。まだやれた。謝罪と賠償を…』とかね。


2回戦は勝ち上がった誰と誰がやるかまだ決まってません。プライド主催者がいろいろ考えて(選手との相性、ファンの要望、視聴率等々)決めます。


僕の2回戦の組み合わせの予想、というか希望。勝敗予想も


中村−ボブチャンチン○

○アロ−ナーショーグン

桜庭−アリスター○

○シウバ−ホジェリオ



で…準決勝

アリスター(桜庭)−アローナ○

ボブチャンチン−シウバ○



決勝

シウバ(ボブチャンチン)−アローナ


…で、優勝はアローナ!
posted by わーなー at 01:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 花山さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月23日

プライド

昨日久しぶりに部活行ったら新入生2人しかいなかった…
もちろん今日は全身筋肉痛です。
明日はプライドミドル級グランプリ1回戦です。

第1試合 ×中村 和裕vsケビン・ランデルマン○
僕はビジュアル重視です。中村はかっこよくないです。 プライドは中村をプッシュしてます。(弱い相手をあてて勝たせたり、とにかく前面に出してる)第2の桜庭、吉田を作ろうとしていますが、この中村が世間的にそこまで受ける(視聴率をとれる)とは思いません。
是非ランデルマンに勝って欲しい。ランデルマンとノゲイラ弟とか見たいな。

第2試合 ○ヒカルド・アローナvsディーン・リスター×(判定3−0)
アローナは影の優勝候補といわれています。前回のグランプリは怪我で出場できませんでした。アローナならシウバに勝てると思います。というか、優勝すると思います。 この試合は僕が思うにつまんない膠着でテレビにも映らないかも…

第3試合 ×近藤 有己vsイゴール・ボブチャンチン○(KO)
ボブチャンチンは強い。ヘビー級からミドル級に階級を下げて相対的に強くなった。近藤は打撃が得意らしくシウバとも打ち合ってたから(KO負けだったけど)ボブとも殴りあうと思う。ボブに殴り勝つとは思えない。ボブが1RKO勝ち。そして次はシウバとやってほしい。シウバにプライド初KO負けを味わせてほしい。

第4試合 ×ビクトー・ベウフォートvsアリスター・オーフレイム○ ×(判定3−0KO)
ビクトーってよく覚えてない。けど実績みたらかなりすごい。UFCってアメリカの総合格闘技のチャンピオンだったらしい。そういえばあのヒースヒーリングにも完勝してたわ。アリスターもかっこいいし打撃がとても強いけど、ビクトーが判定勝ちかなぁ。でも面白そうな試合。楽しみ!…いや、やっぱアリスターのKO勝ちだ!

第5試合 ○アントニオ・ホジェリオ・ノゲイラvsダン・ヘンダーソン×(判定2−1)
あまり見てて面白そうな試合じゃあないかなぁ…昔ダンヘンとノゲイラ兄がやったけどその時はダンヘンはグラウンドで手も足も出せず負けた気がする。今回ノゲイラ弟だけど、その時と同じかなぁ。案外ノゲイラがパンチでKOするかも。

第6試合 ○桜庭 和志vsユン・ドンシク×(KO)
竹島問題等々で嫌韓ムードの僕なんで、ぜひ桜庭に勝って欲しい。相手は総合素人の柔道家なんで普通にパンチ・キックでやりたい放題ボコボコにするとおもいますが…まぁプライドが桜庭を勝たすためのカードともいわれていますけどね。100%桜庭の勝ちです。
吉田は「韓国の選手とは絶対にやりたくない」と言っているという。「ムチャクチャしてくる。勝つためなら何でもガンガン来て、反則スレスレの事を平気でするそうです」(榊原代表)という理由からだ。こんなこともいってますけど大丈夫っしょ。一番楽しみな試合です。勝ってくれ!桜庭!

第7試合 ○クイントン・“ランペイジ”・ジャクソンvsマウリシオ・ショーグン×(KO)
桜庭の試合の次に楽しみな試合。両者ともにアグレッシブファイターなので見ててとてもおもしろい試合になると思います。ジャクソンはシウバに2回負けてます。ショーグンはシウバと同門でファイトスタイルも似ているのでこの試合内容でジャクソンの優勝も見えてきます。ジャクソンが油断しなきゃあ大丈夫ですが、ショーグンが勝つかも…。まぁジャクソンのKO勝ち(スープレックス希望)だとおもいます。

第8試合 ○ヴァンダレイ・シウバvs吉田 秀彦×(KO)
前回の試合はとっても面白かった。プライドベストバウトの一つだと思う。ただ、前回は判定までもつれ込んだが今回は判定まで行かないかとおもう。シウバの胴着の対策も前回以上だし、吉田とのレベルも前回以上開いていると思う。パンチ→ダウンしたところへ踏みつけ→パウンド→ブレイク→パンチ→繰り返し→どっかでKO でも吉田にも期待してます。テイクダウンが成功すればねぇ。テイクダウン→袖車→会場バクハツするぐらい盛り上がるよ!


たぶん僕の試合予想はフツーだと思う。格闘技ファンなら普通に考えるような事かもしれない。でも結果はわからない。真剣勝負なので予想通りにいかないかもしれないが、だからこそ面白い。


選手同士の相性とかもあってジャンケンみたいなものだから、優勝予想するのは難しい。トーナメントで勝ちあがる8人の組み合わせがまだ決まってないからね。明日はトーナメントの一回戦のみが行われる開幕戦だから。


でもあえて予想するなら今回のトーナメントでの優勝は

ヒカルド・アローナ!出てこいや!

明日夜9時からフジテレビ系列でやるよ!テレビ静岡でやるよ!みんなも僕の予想が当たるか見てね。
posted by わーなー at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 花山さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月21日

日に30時間の鍛錬という矛盾ッ その矛盾が不可能を可能にした 炭素がダイヤモンドに変化した瞬間を見た


一日に30時間勉強すればちょっとは頭良くなるかな。

『一日30時間の鍛錬ッ』 byジャックハンマー
posted by わーなー at 15:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 花山さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

sake

飲み会して次の日後悔した事は数え切れない程です。

今日も後悔しました。あぁ…!

でも、昔後悔したこと全部は覚えてません。忘れました。

人間は忘れる動物です。時間がたてば、忘れます。

『忘れる』って、すばらしい!

忘れたくても、忘れられないこともありますが…


かずいーかずいー記憶を消してー
posted by わーなー at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月20日

大学生の存在理由

中国の反日デモの大半は大学生らしいです。

そんな中国に憤りを感じてる僕も大学生です。


…やっぱ大学生って暇なんだなぁ〜


大学生の存在理由って…?

…大学の先生の給料のため?


昨日飲み会しました。平日なのに。
起きたの3時…ありえん。あ…今日終わった…


そりゃあ一生懸命に勉強するのもいいでしょう。

でもそんなの働いている人から見たらお遊びのようなもの(だと思う)。企業や官公庁等で研究してる人の方がよっぽど一生懸命で実践的で役に立つ(気がする)。ままごと婚だ(?)


遊んでないで働けよ!大学生!



…え?俺?
posted by わーなー at 16:18| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月19日

フルマティ

だんだんあれだね。英語の文そのものにむかついてくるね。自分の頭の悪さを棚に上げて。
なんだよこのflowって。なんなんだよこいつ!なにがいいてぇの?catchment出てきすぎだよ。マジ意味わかんねぇよ。眠ぃよ。
posted by わーなー at 03:55| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月17日

次男だけどイチロー



そんなイチローがすき!
今日やること!
古谷レポ和訳、近藤レポ、小嶋レポ!本気だすぞ!集中だ!終わらせちまえ!解放するんだ!
posted by わーなー at 22:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月16日

はぁわあ

今日一日満足できましたか?

僕は死んだ方がいいと思った。

誰か殴ってくれ、死ぬ勇気はない。


明日があるさ♪明日がある♪

なんて言ってると愚図になる。

半ば死んでるような毎日。カイジ読んでるとそう思ってきた。

途中、途中、途中…俺の人生はまだ途中。こんなハズじゃあない。


そう思わないとやってられねぇ。
posted by わーなー at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カメラと一緒にヴェネチアでお散歩*

28KN001047.JPG


その後サン・マルコ広場へ。
この広場がめっちゃ広くて、広場正面のサン・マルコ寺院もめっちゃでかくて、この広場がとっても印象的だった。
あと鳩が多い。軽く手なずけてハトマスターに。

楽しかったなぁ…アハハ…


その後お昼を食べに行きました。
ヴェネチアに向かうバスの中で添乗員さんにオススメのお店を聞いときました。

『ヴェネチアっていったらイカスミパスタね!』

何件のお店かをガイドブックに印してもらいとりあえず一番近くのお店に向かいました。


楽しみだったなぁ…アハハ…



到着。やけに愛想がいいオッサンが店員で、日本語メニューあるよ!とか言ったのでそこにしました。



頼んだと思ったオススメ料理が実は頼んでなかったり、イカスミじゃあなくてイカミソがでてきたり、日陰になって寒かったり…はい、ケンカ。

彼女はお腹が空くと機嫌悪くなる。眠いときも。


その後サン・マルコ寺院へ。リュックはダメらしく、違う場所へ預けた。

モザイク画がすごかった。実は寺院そのものは日曜で入れなかった。入ったのは宝物館だった。ガイドブック見て気付いた。


まだケンカしてたからこの旅初めて別行動をとる。

俺はドゥカーレ宮殿に行った。入場券が11ユーロもするが、添乗員さんオススメだったので是非行ってみたかった。

目玉は7×22mの世界最大の油絵。

とりあえず広すぎ。でかい。フィレンツェのウッフィツィ美術館よりも大きかった。
見どころはとてもいろいろあった。けど時間が足りなかった。
大きな油絵いっぱいあった。もっとよく見たかった。でも走った。マジ走り。ホント残念でした。最後走ったのに1時間半以上もかかりました。またいつか行きたい。


31KN001044.JPG
↑溜息の橋の前でマジ溜息




30KN001045.JPG
↑鳩が好き!

このblogに何かを感じたらクリックして下さい
posted by わーなー at 00:55| Comment(0) | TrackBack(0) | GIOGIO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カメラと一緒にヴェネチアでお散歩*

DSCF2519.JPG


3月13日、やっとヴェネチア

ヴェネチアとはイタリア語で、英語だとベニス。ベニスの商人とか。

運河の町で、ヴェネチアには車がありません。道路がないから。

代わりに運河が走ってて、そこをゴンドラやボートが走ります。
ヴェネチアでのタクシーは車じゃあなくボート。


…すごくない?


なんかワンピースって漫画の違う世界みたい。空島とか…?
キングダムハーツってゲームのアトランティカみたい。

そんな幼稚な事を考えてました(^^)

ヴェネチアには一本の道路でしか行けない。郊外の工業地につき、そこから大型ボートに乗り換えて中心街に行きます。


夏が観光シーズンらしいけど、冬でも人多かった!

今回の旅で良かったところを選ぶとしたら…
1番はバチカン、そして2番はここヴェネチアです。

とっても良かった。絶対また来たい。期待。


ゴンドラに乗って街中の運河を通り観光案内してくれます。
一人20ユーロぐらいで結構高いんだけど、即決。

ヴェネチアっていったらリサリサ先生、そしてゴンドラでしょう。


6人乗りのゴンドラで、高級そう。船頭さんシブイ。ナカムラ、ナカタ、連呼。
たまにピカチューっていう。
あと街中ガイドしてくれた。
『ここはカサノヴァが住んでたアパートだ。He is sex machine!』

天気がすごく良くて、ゴンドラ観光は超快適だった。40−50分くらいかけてゆっくり街中を回った。


17KN001011.JPG
↑ヴェネチア郊外到着。車でいけるのはここまでで、船に乗り換える




23KN001005.JPG
↑あっz




DSCF2513.JPG
↑ゴンドラから。おぉーどっかのテレビとか雑誌で見た風景だ




DSCF2517.JPG
↑チャオ!すれ違うゴンドラに乗ってる人に挨拶するとみんな笑顔で挨拶を返してくれた




24KN001004.JPG
↑ヴェネチアの家の一階はほとんど物置らしい。満潮になると水が入ってくるから




25KN001003.JPG
↑天気に恵まれました


このblogに何かを感じたらクリックして下さい
posted by わーなー at 00:30| Comment(0) | TrackBack(1) | GIOGIO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月15日

ぃやった!



ついに卒アルが完成しましたー!



やったよ〜やったよ。うれしい。やっと解放されて完成して。

でもほとんど鰯さんが製作してた。やる気がある時はすごいんだけどねぇ、やる気ない時もすごいけど。

俺にもセンスがほしかった。そうすれば早く終わった協力できたのに。

なにはともあれ終わったんで、鰯さんお疲れ様&ありがとうございました。

発送は6月下旬だそうです。森林(だった)みんな、楽しみに待っててね。


明日から、公務員の勉強だね。(ねぇ鰯さん)
posted by わーなー at 00:51| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月14日

悩み事

悩むとハゲるというが、ハゲが悩みだ。


悩み事は、悩んでも解決できないから、悩み事であって、だからいくら悩んでもどうしようもない。

悩み事を解決するのは時間しかない。

時間が、ゆっくりだが確実に悩み事を解決してくれる。

あがいてもしょうがない。考えても仕方ない。いくら悩んでも悩んでも…

posted by わーなー at 18:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まだまだ

卒アルが未だ終わらない…。
鰯さんがんばって〜。応援のみ。
posted by わーなー at 18:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月10日

カメラと一緒にフィレンツェでお散歩*

ウッフィツィ美術館(すげー言いにくい)に3時間近く並んだ。並んでる間にそこら辺にいる似顔絵屋さんに似顔絵描いてもらった。10ユーロ、3分。はやっ

2時くらいにようやく入れた。

メディチ家礼拝堂は開館時間は4時くらいまでなので、まだ時間はある。中は広くて、絵画や彫刻など美術品が山のようにある。ホントにここで仕事してたのかよっ!すごい。

80部屋くらいあったのかなぁ。部屋ひとつひとつにたくさんの美術品が飾ってあった。

『ビーナス誕生』『春』『受胎告知』など、美術の教科書で見た、誰でも知ってる本物がそこにあった。

早足で回っても1時間以上かかった。広すぎ。

メディチ家礼拝堂に向かう。少し迷いながら急ぎ足で。到着。悲劇は起きた…

入り口に建ってたオッサンが、『残念だね。もう入れないんだ。閉館時間の30分前にはもう入れないんだ。オッケー?来週の月曜日にまた来てくれ』

時計を見ると、3時25分。閉館時間が3時50分だから、あと5分、あと5分!早くついてたら!

マジかよ?!何度かお願いしたが駄目だった。
ここでもう少し食い下がればよかったと後で後悔することになる。


マジかぁ…とりあえず近くのベンチに座る。
彼女切れだす。急に。かなり切れてて、少しびっくりした。そんなに入りたかったの?僕は入れなかったことよりも彼女の機嫌が悪くなったことにとても悲しんだ。はい、ケンカ。



夜ご飯は添乗員さんがオススメのマル秘スポット、ガイドブックにも載ってないようなおいしいお店にツアーの皆を連れて行ってくれた。

イタリア人は夜ご飯を9時くらいに食べる。日本よりも遅い時間に。
7時ごろ店に到着したので、お客さんはほとんどいない。9時くらいからは地元の予約でいっぱいだそうだ。

メニューは、エビのスパゲッティ、ナスとチーズを型に入れてトロトロにしたもの、トマトスパゲッティ、の3つから選ぶ。

僕はそこでトマトスパゲッティを選択。



…あれはおいしかった。今回の旅で一番おいしかった。これだよ。これ。求めていた味だった。

お店の名刺をもらったので、今度フィレンツェに来たときはまたここに行こう。


DSCF2722.JPG
↑イタリア1の芸術の町の画家に描いてもらいました




DSCF2510.JPG
↑添乗員さんは常連なのでシャンパンと水はサービスでした




10KN001018.JPG
↑イノシシが好き!
posted by わーなー at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | GIOGIO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

産経新聞始めました

3月はいろいろ忙しかったので、読む暇ないしいい機会だし4年間とってた朝日新聞をやめた。

4月になってまた新聞を取り始めた。

朝日は止めて、産経に変えた。

ライブドアの買収で今話題のフジサンケイグループの新聞です。



新聞によって主義、主張が違うのはなぜか?


売れるからだッ!



2ちゃんねるの住人は朝日、韓国、中国が嫌いな人が多い。

僕も参加している人気ブログランキングだって、総合ランキングトップ10のうち3つは右よりのブログだ(今日現在)

朝日はインターネットの悪い面ばかりを取り上げてる。各新聞社によって都合のいいように歪曲された情報。それがばれるのが嫌だからだ。
posted by わーなー at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦争論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カメラと一緒にフィレンツェでお散歩*

DSCF2503.JPG


3月12日、今日はフィレンツェで一日フリータイム

フィレンツェ行きの超特急、途中突然年をとった気がしたり変な釣竿があったりもしたような…。またとっても寒くなって死にそうになった。覚悟が必要で。危なかった…

フィレンツェはレオナルドダヴィンチやラファエロなど、…カメ…超有名な画家や彫刻家が才能を開花させた『花の都』
芸術の国イタリアの中でもイチバンの芸術の町。


行きたいところは決まっていた。

ドゥオーモウッフィツィ美術館メディチ家礼拝堂

ドゥオーモは内部に最後の審判という馬鹿でかい絵画があり、長く狭い階段をのぼり見晴らしの良い展望台まで行く事が出来る。
竹之内豊主演の冷静と情熱の間で舞台になったらしい。
その日はあいにくの曇りで、雨が降りそうだったがなんとか持ちこたえてくれた。

見晴らしはとてもよかった。フィレンツェの家の屋根は法律かなんかで決まってるらしくて、全部同じ色。だから町全体がとてもきれい。均整がとれてるというかバランスがとれてるのか町そのものが芸術品だ。

ウゥフィッツィ美術館。その昔メディチ家という金貸し一家がフィレンツェで儲けまくって、超大金持ちになったとさ。

ただその当時金貸しという職は宗教上忌み嫌われていたらしく、メディチ家は罪を滅ぼすためにフィレンツェの芸術家達にたくさん援助をし、育てた。

ダヴィンチやラファエロも援助をされて才能を開花した。メディチ家がなかったらこんなにもフィレンツェは芸術の町ではなかった。

たくさん援助をしてその絵画や彫刻などをたくさん、それこそたくさん集めてメディチ家の事務所に飾った。

でもメディチ家も勢力は衰え、ついには滅んでしまう。最後の頭首だったのは女性で、(同性愛者だったらしい)子供もいなかった。

死ぬ前にメディチ家が集めた膨大な美術品、芸術品を全部フィレンツェに寄付した。
『絶対にフィレンツェから外に持ち出さない』という条件で。

ウッフィツィ美術館は、メディチ家の事務所のこと。事務所のくせに絵や彫刻がめちゃくちゃある。美術館なみに。



この美術館に入るために3時間ならんだ。…失敗した。イチバン混んでるときに並んだ。
夕方行けば1時間もかからずに入れたのに。


5KN001023.JPG
↑花の都フィレンツェ




DSCF2505.JPG
↑どこだ?



DSCF2509.JPG
↑冷静と情熱の間



9KN001019.JPG
↑見て!屋根が全部同じ色

posted by わーなー at 13:04| Comment(0) | TrackBack(0) | GIOGIO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月09日

カメラと一緒にピサでお散歩*

4KN001024.JPG

3がつ11日、フィレンツェに向け出発。ピサ経由で。

お昼前ごろ、ピサに到着。

ピサといえば、ピサの斜塔。建設されたのは…1173年らしい。

そのときから地盤沈下のため毎年傾き続けている。

ガリレオガリレイがこの斜塔から重いものと軽いものを同時におとして落下の法則を考えたらしい。
また、斜塔の近くにある教会のランプがゆれてるのを見て振り子の法則も考えたそうな。

ちなみに、ガリレオは他にも地動説を説いて当時のカトリック教会から怒られて牢獄にまでいれられた。あの有名な言葉『それでも地球はまわっている』
その後何百年と名誉は傷つけられたままだったが、初めてカトリック教会としてガリレオに正式に謝ったのが今週亡くなったヨハネパウロ2世法王だった。


お昼は近くのレストランで。日本語メニューで親切だった。
ランチセットと赤ワインを注文した。赤ワインは『ヴィーノ・ロッソ』白は『ヴィーノ・ビアンコ』

斜塔に登るのは時間がなかったため断念。いっぱい並んでたから。

代わりにドゥオーモ(大聖堂)と洗礼堂に入った。ドゥオーモはやはり素晴しい。何十年、時には何百年もかけて作られる。
当時の教会というのは本当にすごい勢力で、人間の信仰心というのはすごいんだなぁ。と思った。

時間が少なかったのが少し残念だったが、天気も良く、思い出に残った。ピサの斜塔も見れたし!



2KN001026.JPG
↑毎日昼から飲んでた




DSCF2500.JPG
↑あっ座




DSCF2502.JPG
↑ドゥオーモ。天井が高くて、迫力がすごい
posted by わーなー at 21:21| Comment(2) | TrackBack(0) | GIOGIO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月07日

カメラと一緒にカプリ島でお散歩*

ローマ法王がお亡くなりになりました。僕はカトリックでもないけど、なにしろ1月前にバチカン行ってきたから、とても変な感じです。お悔やみ申し上げます。


3月10日、ナポリから高速船でカプリ島へ。ポルポの隠し遺産4億をとりに行くためだ。途中空気を抜かれたが何とか助かった。50分くらいで到着。150人くらい乗客いたけど、年配の日本人が多かった。

そういえば添乗員さんが初日に、『学生ちゃんのツアーはホント楽だわ。一回言えばわかるんだもの。フリータイムも過ごせるし。年配の人達は大変なのよぉ。』

カプリ島到着から小型船に乗り換えて観光。天気はとっても良かったが日陰に入ると少し肌寒い。でも今回ホントに天気に恵まれた。

絶景です。日本にはこんなところないと思う。

残念ながら青の洞窟には入れなかった。いくら天気が良くても風が少しでもあるとダメ。冬に入れる確率はうんと低いらしい。

観光を終えてカプリ島に戻り昼ごはん。リゾットだったが、酸味が強くゲ○の味がした。だんだん慣れておいしくなったけど。

カプリの子供達にあいさつされた。『コンニチワー!』『サヨウナラー!』『アリガトウー!』
おお、日本語だ。みんな元気がいい。小学生くらいだと思うが彼女よりも大人っぽいのはすごい。びっくりしたのは

『ピカチュー!』

DSCF2455.JPG
↑カプリ島到着、この時期はシーズンオフらしい。




DSCF2474.JPG
↑天気が良かった




DSCF2460.JPG
↑でけぇ




DSCF2465.JPG
↑エメラルドグリーン。青の洞窟に入れなかったのは残念だったけど、それでも満足した




DSCF2478.JPG
↑カプリ島でも有名な景色




DSCF2472.JPG
↑カメがいます。わかるかな




DSCF2473.JPG
↑ロッククライミングがイタリアではメジャーなスポーツだって




DSCF2482.JPG
↑観光を終えてカプリ島に戻ってきた




DSCF2487.JPG
↑添乗員さんオススメのカメラスポット




DSCF2493.JPG
↑あっ、座敷




DSCF2488.JPG
↑いやーすげーわ




DSCF2497.JPG
↑鳩が好き!
posted by わーなー at 13:45| Comment(0) | TrackBack(0) | GIOGIO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。